Page Top

RYNAPSE

Individual Branding Agency

Culture

Vision

世界を変えていく、
風潮をつくる。

リナプスは「世界を変える」という言葉を大切にしています。シンプルで力強さがあるこの言葉に、世界を変えていくという想いに共感する仲間が集まりました。創業時に私たちが掲げてきた世界を変えるというビジョンは、よりどころにした時に何らかのソリューションが得られるものでしたが、ある程度の具体性が必要だと感じていました。

どうやって世界を変えていくのか?

ある日の事、テレビ局のエグゼクティブ・プロデューサーと話を交えたことで、リナプスの基本理念がはっきりとイメージできたのです。彼は話しました「大きな渦をつくることで世界は変えれる」と。私たちと繋がる人々から大きな渦を起こしていき、世界の誰かが聞いたり感じたりして、新しい風潮となっていく。そうやって世界を変えていけるのだと。また、著名な映画監督である紀里谷和明氏の言葉を借りれば、「僕は、世界を変えられない。しかし風潮は世界を変えていく。」「きっと思っているほど難しいことじゃないし、複雑なことじゃないと思うんですよね。世界を変えるのって。」

世界を変えていく、風潮をつくる。そして私たちが、世界を変えていきます。

Vision

Create a Trend,
Change the World.

RYNAPSE places great importance on the word, "Change the World". We are a group of people who relate to the idea of this simple yet strong word of "changing the world". At the time of foundation, our vision was something to act on and provided us with solutions on one level or another. However, we always felt the needs for a certain degree of particularity.

How do we change the world?

Our image for the basic principle of RYNAPSE came clear when, one day, having a discussion with an executive producer of this TV station. He said, "By creating a large eddy, you can change the world". As a start-up, evoking a large eddy from people who are related to us, it gradually spreads out to the people in the world by word of mouth and feelings, and then becomes a new trend. That's how we can change the world. Also, in the words of Mr. Kazuaki Kiriya, a prominent film director, "I cannot change the world but the trend is going to change the world." "I think it is not that difficult or complicated to do so, you know, to change the world."

To create a trend to change the world, we will be the one to change the world.

Origin

RYNAPSEという社名は、2つの単語ReとSynapseに因んでいる。Reは、Restart. Renovation. という言葉にあるように、再構築と捉えた。Synapseは、神経伝達という意味から、繋がり合うこと、我々の世界をイメージしている。Re. Synapse. を掛けあわせ、繋がることで再構築していくRYNAPSEが生まれた。世界は変化している。この難題に組織が対応していくと同時に、世界が未来に行くための変化をRYNAPSEが実現する。

Our company name, RYNAPSE is named after two words, Re and Synapse. Re is exacted from words such as Restart and Renovation, referring to Reconstruction. Synapse is to be connected with each other in the sense of neurotransmission, representing our world. RYNAPSE was born after multiplying this Re and Synapse together, and was aimed to reconstruct by being in connection. The world is changing. As organizations gradually continue to address this challenge, RYNAPSE will realize the change, for the world to shift into the future.

RYNAPSE

Style

チームでできることの可能性を信じられること — 音楽や絵画には、複数の音やカラーが織り成すことで美しさが生まれる。赤く染まった個人だけでは、ポテンシャルに限界があり、青、緑、黄色など、独自のカラーを打ち出せるメンバーで構成した組織こそ、すべてのカラーを美しく魅せる音色を奏でることができる。

仲間たちとの共感から繋がる — 私たちは人を軸に繋がるため、メンバー同士が「あなたと一緒だったらオモロイ」と感じ、「こういうこと一緒にできるね!」という流れで集結する。組織内の情熱に共感する人と人が交わり、社会的にインパクトの大きいドメインを開拓していく。

サグラダ・ファミリアをつくるってこと — リナプスは各分野の専門家で構成されたスペシャリティの集合体、一人ひとりが専門性の高い能力を有する。そんな個としての強さを持つ人材が集まる理由は、完成しえない最高の作品をつくるためである。まさにサグラダ・ファミリアのよう。1882年の着工から100年以上の時を経て、いまだ建設が続く未完の教会。建築家アントニ・ガウディの継続的な設計変更のプロセスが顕著でありながら、合理的な構造により自身がいなくても後世の人が建築を引き継げるようにしたという。リナプスという企業の設計も同じく、絶えず進化を続ける動的なものでありたい。

Believe In The Possibility Of What Team Can Bring — Beauty of music and art is born when multiple sound and colors interweave one another. Individual colored only in red has a certain limit to his/her potential, yet with members colored in blue, green, and yellow, it is possible to play an amazing song, which shows all beauty of each colors.

Connect From Empathizing With Fellows — Because we see people as a basis of our connection, we all get together feeling "You are fun to do things together with" and "Maybe we can try these things." In the organization, they feel the same passion, mingle together, and develop a large domain that has a huge social impact.

Let's Create a Sagrada Familia — RYNAPSE is a group of specialties composed of experts in each field. Each individual possess a highly professional ability. What is the reason for such individuals with unique strengths to get together? The reason for this gathering is as simple as to create a never-ending masterpiece of all times, just like Sagrada Familia, an unfinished church still under construction after 100 years since its initial start in 1882. While keeping the great significance on the process of Antoni Gaudi's continuous design change, it is told that, with reasonable structure, people of succeeding generations are able to take over its construction. Our corporate design of RYPNASE aims to keep on evolving as dynamically and constantly.

Go back to pagetop.

Share
Twitter
Facebook
Google plus

Sound: Play - Pause